キーボード活用術

圧縮・解凍・分割
デジタルとアナログ
高速インターネット
検索ツールバー
キーボード活用術
右クリック活用術
ウェブ ページの保存
ショートカット活用術
Windowsの変遷
フロッピーからNTFSへ
バックグランドプログラム

サイトマップ

 

 

キーボードは文字の入力だけでなく、切り取り・コピー・貼り付けなどの操作にも使用できる。知っていると便利なキーボードによる操作のいくつかを扱ってみる。

選択・切り取り・コピー・貼り付け

[Ctrl]+[A]:すべて選択(メモ帳では機能しない)
[Ctrl]+[C]:選択された部分のコピー
[Ctrl]+[X]:選択された部分の切り取り
[Ctrl]+[V]:コピーあるいは切り取りされたものを貼り付け

上記の操作はウェブサイト上の有用なテキスト情報をワードなどの文書に引用する際などに役に立つ。ウェブ上で引用したい部分をマウスで選択(全部選択するのであれば[Ctrl]+[A]を使える)、ワードなどの貼り付けたい個所にカーソルを置いて[Ctrl]+[V]を押すと貼り付けされる。

[Ctrl]+[A]は電子メールの添付ファイルを選択する際に、フォルダー内の全てのファイルを選択したい場合にも使える。

画面のコピー

[Print Scrn]:画面全体のコピー
[Print Scrn]+[Alt]:画面のアクティブなWindowのコピー

エラーメッセージが出てきたりした場合に、[Print Scrn]+[Alt]でエラーメッセージ表示Windowをコピーし、ワードなどに貼り付けるとエラーメッセージを保存や印刷できる。またアプリケーションの操作やインストール手順など画像の入った説明文書があると重宝がられるものであるが、その際も自らのコンピューターで操作しながらその画面を[Print Scrn]や[Print Scrn]+[Alt]でコピーし、ワードに貼り付けると立派な説明文書が出来上がる。

文字の太字化と下線付け

[Ctrl]+[B]:選択部分を太字にしたり、太字を解除したりする
[Ctrl]+[U]:選択部分に下線を引いたり、下線を解除したりする

文字変換

[F7]:全角カタカナ
[F8]:半角カタカナ
[F9]:全角英数
[F10]:半角英数

プログラムの強制終了:[Ctrl]+[Alt]+[Delete]

アプリケーションなど使用しているとキーボードやマウス操作に全く反応しなくなることがある。この状態をフリーズなどという。これはフリーズの際のおなじみの操作である。