ウェブ ページの保存

圧縮・解凍・分割
デジタルとアナログ
高速インターネット
検索ツールバー
キーボード活用術
右クリック活用術
ウェブ ページの保存
ショートカット活用術
Windowsの変遷
フロッピーからNTFSへ
バックグランドプログラム

サイトマップ

 

 

最近ではインターネット常時接続環境が整いつつあるので、ウェブ ページを保存して、後ほどオフラインで見るといったことはそれほど必要なくなってきているかもしれない。ただあとから資料として使うといった場合などウェブ ページを保存すると便利なことはあるであろう。特にInternet Explorer5以降ではウェブサイトの保存に何種類かの方法があり、必要に応じて使い分けて保存することができる。

Internet Explorer5以降でのウェブサイトの保存方法

1)メニュー バーの「ファイル」をクリックし、プルダウン メニューの「名前を付けて保存」を選択する。

2)保存する場所とファイル名を指定する。

ファイルの種類を指定する。以下の4種類から選ぶ。ファイルの種類によって保存形式が決定する。

Webページ、完全(*.htm;*.html)

ウェブ ページを構成するテキストならびにページの枠組みと画像をそれぞれ保存する。テキストならびにページの枠組みは「ファイル名.html」として保存され、画像はそれぞれ「ファイル名」フォルダ内に保存される。

「ファイル名.html」を開くとオフラインでも完全なウェブ ページが表示される。

Webアーカイブ、単一のファイル(*.mht)

ウェブ ページを構成するテキストならびにページの枠組みと画像を一つにまとめて、「ファイル名.mht」という一つのファイルとして保存される。

「ファイル名.mht」開くとオフラインでも完全なウェブ ページが表示される。

Webページ、HTMLのみ(*.htm;*.html)

ウェブ ページを構成するテキストならびにページの枠組みのみ「ファイル名.html」という一つのファイルに保存される。

「ファイル名.html」を開くとウェブ ページを構成するテキストならびにページの枠組みのみ表示され、画像は表示されない。

テキストファイル(*.txt)

ウェブ ページを構成するテキストのみ「ファイル名.txt」という一つのファイルに保存される。

「ファイル名.txt」を開くとメモ帳が開き、ウェブ ページを構成するテキストのみ表示される。

4)サイトの表示に文字化けがないようであればエンコードはそのままでよい。サイトの表示の一部あるいは全部に文字化けがあるようであればエンコードを適切なものにして保存する。日本語サイトであれば「日本語(シフトJIS)」、英語サイトであれば「西ヨーロッパ言語(Windows)」にするのが一般的である。

○ウェブ ページ上の特定の画像のみの保存

保存したい画像の上にマウスのポインターをもってきて、右クリックする。現れたメニューの中から「名前を付けて画像を保存」を選び、保存する場所とファイル名を指定する。