Windowsの変遷

圧縮・解凍・分割
デジタルとアナログ
高速インターネット
検索ツールバー
キーボード活用術
右クリック活用術
ウェブ ページの保存
ショートカット活用術
Windowsの変遷
フロッピーからNTFSへ
バックグランドプログラム

サイトマップ

 

 

Mac以外のパソコンユーザーの大半はコンピューターの基本ソフト(OS)としてWindowsを使用している。Windowsは進化を繰り返し、またNTと9xという二つの系列が存在している。そして現在その二つの系列は統合へと向かっている。以下にざっとWindowsの変遷を扱ってみる。

○MS-DOS

1981年にマイクロソフト社は他社のOSを買い取って手直ししたMS-DOSをIBMパソコンのOSとして提供した。

MS-DOSによってマイクロソフト社は大手ソフトウェア企業へと成長する足がかりを得た。ところがアップル コンピューター社から当時としては画期的なマウスでアプリケーションを操作できるマッキントッシュが発売された。ちなみにMS-DOSはキーボードでの操作のみであった。

筆者も1993年の卒業論文を作成にMacを使用したが特にマウスを使っての表の作成など使い勝手は非常によかった。

○MS-Windows

そこでマイクロソフト社はMS-DOS上で動くグラフィック インターフェースMS-Windowsの開発に力を入れた。MS-DOSは16ビットCPU用に作られており、MS-Windowsも16ビットCPUを前提に設計されていた。

○Windows NTとWindows 9x

同時にマイクロソフト社は将来32ビットCPUが普及したときのために本格的な32ビットOSであるWindows NTの開発を進めた。そして1993年にWindows NT 3.1が完成した。

Windows NT は32ビットOS であるため16ビット プログラムはWindows NT 上では動かない。そこでマイクロソフト社は16ビット プログラムを32ビット コードに変換して実行する新しいOSを作ることにした。それがWindows 95である。ところがWindows 95は16ビット プログラムのためにOSとアプリケーションが同一メモリ領域で動作する部分を残さざるをえなかった。結果アプリケーションのフリーズがそのままOSのフリーズにつながる。Windows 95/98がよくフリーズして再起動をしないといけなくなるのはそのためである。Windows NTが安定しているのは完全な32ビットOSであり、アプリケーションとOSが完全に分離されているためである。

こうしてWindows NTとWindows 9xという2つのOSの系統ができあがった。しかしマイクロソフト社はすべてのOSをNT系列で統一するという方針を採っており、Windows 2000はその目的で開発された。Windows 2000はWindows NTの後継OSであるが、Windows 9xからのアップグレードも可能になっている。

Windows MEはWindows 9x系の最後のOSとして2000年に登場した。Windows MEとWindows 98の比較には以下のサイトが参考になる。

「Windows 98」「Windows ME」ADSLクチコミ評価

2001年コードネームで「Whistler」と呼ばれているWindows 2000の後継となるOSが登場する予定である。今後のWindowsの変遷はこの系列一本に絞られるようである。

(参考)

Windowsの歴史

Windowsの歴史

私的Windows概論