IIS4.0編1

IIS4.0編1
IIS4.0編2
IIS4.0編3
IIS4.0編4
IIS4.0編5
IIS4.0編6
IIS4.0編7
IIS4.0テスト1
IIS4.0テスト2
IIS4.0テスト3

サイトマップ

 

 

章 Microsoft Internet Information Server 4.0

1-1IIS(Internet Information Server)4.0のサービス

Webアクセス用のWWW(World Wide Web)サービス
ファイル転送用のFTP(File Transfer Protocol:ファイル転送プロトコル)サービス
電子メール用のSMTP(Simple Mail Transfer Protocol)サービス
ニュースグループ用のNNTP(Network News Transfer Protocol)サービス
コンテンツ検索用のIndex Server

どのサービスをインストールするかは、利用者の要求による。インストールするコンポーネントを決定したら、そのコンポーネントをWindows NT Option Packのセットアップウイザードを使用してインストールする。Option Pack は、WindowsNT 関係の雑誌の付属 CD、WindowsNT 4.0 Server のパッケージなどから入手できる。

1-2IIS(Internet Information Server)およびWindowsオペレーティング システム

IIS 4.0はWindows NT Server 4.0、Windows NT Workstation 4.0、およびWindows95/98にインストールできる。IIS 4.0はインストールするプラットフォームにより、使用できる機能が異なる。Windows NT Server 4.0にインストールする場合、IIS 4.0のすべての機能とコンポーネントが使用できる。一方、Windows NT Workstation 4.0またはWindows 95/98にインストールする場合、ODBC(Open Database Connectivity)ログや複数ウェブサイトの構築など、主要な機能が一部組み込まれないため、IIS 4.0はPWSとして機能する。

どのプラットフォームにIIS 4.0をインストールする場合でも、インストール先のコンピューターにはTCP/IP の設定が正しく行なわれており、Microsoft Internet Explorer 4.01以上がインストールされている必要がある。さらにIIS 4.0をWindows NTにインストールする場合はService Pack 3以降がインストールされている必要がある。

1-3Internet Information Serverのインストール

インストール オプション

a) 最小:このオプションは、ハードディスクの容量を節約するために設計されており、簡単なWebサイトをセットアップして実行するのに必要な最低限の以下のコンポーネントをインストールする

Microsoft Transaction Server (MTS)
Active Server Pages
Microsoft Data Access Components
Posting Acceptor
FrontPage Extensions
Microsoft Management Console (MMC)
Internet Service Manager snap-in
Microsoft Transaction Server snap-in
Index Server
Context-sensitive Help

b) 標準:標準インストールは、最小インストールに、FTPサービス、ブラウザ ベース管理、およびデバッグ サービスなどのコンポーネントを加えたもの

c) カスタム:カスタム インストール オプションでは、IIS 4.0に入っているコンポーネントをユーザーが任意に組み合わせてインストールできる。デフォルトでは、すべてのコンポーネントは入っていない

パブリッシュディレクトリ

パブリッシュディレクトリとは、ホームページのデータを入れておく場所である。デフォルトでは "C:\InetPub\wwwrooot"になっている。

○インターネットアカウント

インターネットアカウントとはホームページにアクセスしてきた人に割り当てられるユーザアカウントであり、デフォルトではIUSER_computername。

○インストールの終了と動作確認

インストールが終了後、コンピューターを再起動。ブラウザを立ち上げ、

http://(サーバーのIPアドレスまたはサーバー名)/

と入力する。サンプルの IIS の画面が表示されたらインストール完了。

○IIS4.0インストール後の Windows NT Server 4.0 コンピュータの変更点

ユーザー名 IUSER_computername がユーザーアカウントリストに追加される。
マイクロソフト管理コンソールが加わる。
パフォーマンスモニタでFTP ServerHTTP Serviceなどのオブジェクトのカウンタを追跡できるようになる
Internet Information Server設定を扱うためにWindows NTシステムにメタベースというデータ ベースが加えられる。メタベースはWindows NTシステムレジストリと同じ機能のうちのいくつかを行えるとともにより少ないディスク スペースを使用する。