IIS4.0編2

IIS4.0編1
IIS4.0編2
IIS4.0編3
IIS4.0編4
IIS4.0編5
IIS4.0編6
IIS4.0編7
IIS4.0テスト1
IIS4.0テスト2
IIS4.0テスト3

サイトマップ

 

 

章 Internet Information Serverの管理

2-1、マイクロソフト管理コンソール(MMC)

Microsoft Management Console (MMC)は各種サーバーアプリケーションのための統合された管理コンソールである。スナップインと呼ばれるMMC用の管理コンポーネントを追加することで、複数のアプリケーションを一つのコンソールの中でまとめて管理できる。IIS 4.0MMCとともに、以下のサービスのための管理スナップインを標準搭載している。

インターネット サービス(WWWFTPNNTPSMTP)
Microsoft Transaction Server
Microsoft Index Server

多様なスナップインからツールを組み立てたら、管理者は、そのツールを.MCS(Management Saved Console)ファイルに保存することができる。管理者はその後、ファイルを再ロードして簡単にツールを再作成したり、それを電子メールで送信したりすることができる。

プロパティはサイト階層によって継承される。例えば、サイト設定はそれらの下のディレクトリーおよびファイルによって継承される。

MMCはサービスを停止、開始、休止できる。

A) ツールバー メニュー中のそれぞれの停止、スタートあるいは休止アイコンをクリックする。

B) サービスを右クリックして、スタート、停止あるいは休止をクリックする。

マイクロソフト管理コンソール インターフェースのコンポーネントは以下のとおり:

Scope pane:マイクロソフト管理コンソールの左のウィンドーでWindows NTエクスプローラの左の部分に相当する。マイクロソフト管理コンソールによって処理することができるサービスをすべてリストする。サービスの階層はさらにnamespaceと呼ばれる。これはマイクロソフト トランザクション サーバー(MTS)およびFTPサーバーのようなマルチプル (ハードウェア) サーバーおよびマルチプルサービスを含んでいる。
Results pane:マイクロソフト管理コンソールの右のウィンドーでWindows NTエクスプローラの右の部分に相当する。Scope Paneのノードを選択する場合、Results Paneは選択されたノードのドメイン内にあるすべての要素およびサービスのリストを表示する
Rebar2つのウィンドーに加えて、マイクロソフト管理コンソールは3つのメニュー バーをもち、その一番下のものがRebarである。Rebarはアクションとビュー メニューと2本のツールバーあるいはバンドから成る。Rebarメニューおよびバンドに関連したコマンドはすべて、選択されたノードに関して変わる。インターネット インフォメーション サーバー用のパフォーマンス モニターのような個々のサービスに拘束された機能はすべてRebar上にある。
ノード: Scope Pane3つのビューに現れるノードは個々のサービスの実例である。例えば、ネットワーク上のコンピューターあるいは特定の(ハードウェア)サーバー上のウェブ サービスはマイクロソフト管理コンソールのSocpe Paneにノードとして現われる。それを右クリックし、次にショートカットメニュー上のプロパティを選択することにより任意のノードのプロパティ シートを開くことができる

2-2、Internet Information Serverの管理ツール

スナップインは、Microsoftやその他のさまざまな独立系ソフトウェア ベンダー(ISV)によって作成され、広範な管理機能を提供する。MMCWindows NT Server 4.0上で実行され、1つの統合点と親しみやすいユーザー インターフェースをすべての管理ツールに対して提供する。すべての管理タスクを同一のウィンドウから実行できるようにすることによって、管理時間を削減できる。また、スナップインは共通の操作性をもっているので、学習すべきインターフェイスの数も削減される

インターネット サービス マネージャー スナップインは以下のサーバー管理ツールを提供する

ユーザー マネージャ
サーバー マネージャ
イベント ビューア
パフォーマンス モニター
キー マネージャ

Rebar上のアクション メニューを通しフォルダーの作成やプロパティの設定のような管理機能を追加することもできる。

Windows Scripting Host (WSH)

HTMLドキュメントにスクリプトを埋め込まずに、Windowsデスクトップ(Wscript.exe)かコマンドコンソール(Cscript.exe)上でWSHによって直接スクリプトを実行することができる。

2-3、Internet Information Serverメタベース

メタベースはInternet Information Server管理に関係のあるエントリーをすべて含んでいる。メタベースに格納されたプロパティ設定は次のとおりである

コンピューターとウェブサイトのプロパティ
ログインプロパティ
FTP特定のプロパティ
HTTP特定のプロパティ
仮想ディレクトリーおよびディレクトリ プロパティ
ファイルプロパティ
フィルタプロパティ
ISAPIフィルタプロパティ
SSLキー プロパティ