IIS4.0テスト3

IIS4.0編1
IIS4.0編2
IIS4.0編3
IIS4.0編4
IIS4.0編5
IIS4.0編6
IIS4.0編7
IIS4.0テスト1
IIS4.0テスト2
IIS4.0テスト3

サイトマップ

 

 

○問題1

インデックス サーバーを使用して検索されるデータが200MBに増加し、インデックス サーバー クエリーが遅いとの苦情が出始めた。インデックス サーバーに100MBの空きスペースを加えた。しかしパフォーマンスの改善はなかった。クエリー レスポンスを改善するにはどうしたらよいか。

  1. マスター結合を行う。
  2. シャドー結合を行う。
  3. 全てのドキュメントを100 MBの空きスペースにフィルターする。
  4. WWWサービスを停止してから開始する。

[正解:A]

マスター結合を実施することによって、単一の圧縮したインデックスが全てのクエリーを扱えるようになり、クエリー レスポンスの改善が可能である。シャドー インデックスが多すぎるとクエリーを遅くする。

○問題2

IIS 4.0上でSMTPサービスを実行している。電子メールメッセージ送信者ラインにローカルのドメイン名とは異なるドメイン名を示したい。どこに異なるドメイン名を入力しなければならないか。

  1. SMTPプロパティのデリバー タブのエイリアス ドメイン欄
  2. SMTPプロパティのデリバー タブの擬装ドメイン欄
  3. SMTPプロパティのデリバー タブのスマートホスト欄
  4. SMTPプロパティのメッセージ タブの擬装ドメイン欄

[正解:B]

擬装ドメイン(Masquerade Domain)名でプロトコル中のMAIL FROMメッセージ ヘッダーのFROMラインにリストされるローカルのドメイン名を置き換えられる。これはSMTPプロパティのデリバー タブの擬装ドメイン(Masquerade Domain)欄で設定される。

○問題3

インデックス サーバーに2GBのコーパスがある。最良に機能するために、システムがロードするハードドライブに何パーセントの空きスペースが必要か。

  1. 20%
  2. 30%
  3. 40%

[正解:C]

カタログ インデックスを格納するのに必要なディスク スペースはコーパスのサイズおよびドキュメントのタイプに依存する。空きディスク スペースはコーパスのサイズのおよそ40パーセント必要である。

○問題4

「ノート型パソコン」に関連するドキュメントへのリンクがあるウェブサイト上のファイルをすべて見つけるためにクエリーを出した。しかし、ディレクトリーを見つけることができないと言うメッセージがスクリーンに現われる。別のディスクに最近インデックス カタログを移動させた。問題の原因を探るために何をチェックしなければならないか。

  1. .IDQファイルのCiScopeパラメーター
  2. ドキュメントのNTFSファイルアクセス権
  3. .IDQファイルのCiCatalogパラメーター
  4. .HTXファイル

[正解:C]

インターネットデータ クエリー ファイル(.IDQ)は検索の範囲、制限、クエリー結果セットのようなクエリー パラメーターを定義する。IDQファイルはCiCatalogパラメーター(インデックス サーバー カタログの位置への正確なパスを含んでいる)を持っている。ディレクトリーが見つからないというエラー メッセージが出るのはカタログの正確な位置が.IDQファイル中で更新されていないからである。

○問題5

インデックス サーバーがクエリーに返す結果の数を制限するにはどうしたらよいか。

  1. .IDQファイルのCiScopeパラメーターのレコード数を設定する。
  2. .IDQファイルのCiMaxRecordsPerPageパラメーターのレコード数を設定する。
  3. .IDQファイルのCiMaxRecordsInResultSetパラメーターのレコード数を設定する。
  4. 制限することはできない。

[正解:C]

インターネットデータ クエリー ファイル(.IDQ)は検索の範囲や制限やクエリー結果セットのようなクエリー パラメーターを定義する。

●CiMaxRecordsInResultSet=200は返される結果の最大数を設定する。この場合:200
●CiMaxRecordsPerPage=8は返された結果が各ウェブ ページに示される数を設定する。この場合:8
●CiScope=/はどこからクエリーを始めるか設定する。この場合:保存スペースのルート

○問題6

会社のIIS上にインデックス サーバーがインストールされている。あるユーザーがインデックス サーバーにクエリーを入力すると、返されてはならない高度の機密文書が返された。その問題の最も適当な原因は何か。

  1. 問題の文書が保存されているドライブはFATファイルシステムでフォーマットされているため、ファイルアクセス権の設定ができない。
  2. 問題の文書が保存されているドライブはNTFSファイルシステムでフォーマットされているが、適切なファイルアクセス権の設定がされていない。
  3. Internet Explorerをブラウザ−として使用した。
  4. Netscapeをブラウザ−として使用した。

[正解:AB]

インデックス サーバーに出されたクエリーが返されてはならないファイルを返す場合、NTFSアクセス権が適切に設定されていないかファイル システムがFATで、適切なアクセス権がファイルで利用可能ではないからと考えられる。あるいはそれが既知のタイプだけにフィルタを制限するべきときにインデックス サーバーがすべてのタイプのファイルをフィルターしているためだと考えられる。

*ファイルシステムに関してはWindows NT編12、NTFSアクセス権に関してはWindows NT編8参照

○問題7

インデックス サーバーをのクエリーに対するレスポンスが遅い場合、どうすれば改善することができるか。

  1. マスター結合をより頻繁に実行させる。
  2. インデックス サーバーにアクセスするユーザー数を減らす。
  3. カタログを複数のカタログに分割する。
  4. データの一部を他のサーバーに移す。

[正解:ABCD]

マスター結合をより頻繁に実行することあるいはユーザー数を減らすことにより最適化問題を修正することができる。さらに別のサーバーにデータを移動させること(ロード バランシング)を考慮することができる。あるいは単一のインデックス中でデータを探索する必要がない場合、より多くのカタログを作成することも考えられる。インターネットサービス マネージャーのウェブサイト プロパティでIISへの接続数を制限することによりインデックス サーバーにアクセスするユーザの数を制限することができる。

○問題8

インデックス サーバーにデータは存在することは確かであるが、クエリーに対するデータを返さないことが多い。その問題の原因として考えられることは何か。

  1. インデックス サーバー ファイルが壊れている。
  2. インデックス サーバーの過度のロード
  3. ネットワークの接続問題
  4. ドキュメントのNTFSファイル アクセス権が正しく設定されていない。

[正解:ABCD]

インデックス サーバーが過負荷をかけられた場合、クエリーはあまりにも長くかかるので、完了することができずに失敗する。ネットワーク接続問題および(または)壊れたインデックス サーバー ファイルもこの問題を引き起こす。ドキュメントについての適当でないNTFSファイルアクセス権もヒットしない結果になる。

○問題9

会社のコンピューターからネットワークのユーザーとして会社のウェブサイトにアクセスできないにもかかわらず、匿名のユーザーとして自宅からアクセスできる。この問題の原因は何か。

  1. IUSR_<computername>アカウントのパスワードがWindows NTのユーザーマネージャーとウェブサイトプロパティで異なっている。
  2. NTFSファイルアクセス権が正しく設定されていない。
  3. 会社で使用しているブラウザーがSSLをサポートしていない。
  4. 会社でウェブサイトにアクセスする際にはWindows NTチャレンジ/レスポンス認証が使用されている。

[正解:B]

ネットワークのユーザー アカウントが匿名ユーザーと同じアクセス権をもっていないのでWindows NTサーバーは会社のサイトのウェブサイトへのアクセスを拒否するのである。ウェブサイトへのアクセスに必要なアクセス権がIUSR_<computername>アカウントにはある一方、ネットワークのユーザー アカウントのアクセス権が適切に設定されていないことはありえることである。IUSR_<computername>のパスワード設定が適切でない場合、匿名ユーザーのアクセス問題が起きる。SSLサポートのないブラウザーはSSLが使用可能な仮想ディレクトリーへのアクセス問題を引き起こすだけである。Windows NTチャレンジ/レスポンス認証は有効なWindows NTアカウントを持ったユーザーがウェブサイトにアクセスすることを可能にするものである。

○問題10

FTPサイトへアップロードはできるが、ダウンロードはできないという場合のアクセス権はどれか。

  1. 読み取り
  2. 書き込み
  3. 実行
  4. 読み取りと書き込み

[正解:B]

アップロードだけ可能で、ダウンロードはできないようにするには以下の2つの方法で設定することができる。

●インターネットサービス マネージャーを使用しディレクトリーに書き込み権のみ設定
●IUSR_<computername>アカウントにディレクトリーへのNTFS書き込み権のみ設定

ファイルあるいはフォルダーについてのNTFSとIISのアクセス権が矛盾する場合最も制限の強いアクセス権となる。

○問題11

IIS 4.0のインストール前に設定しなければならないのは以下のうちどれか。 (二つ選択.)

  1. FAT
  2. TCP/IP
  3. NTFS
  4. PPTP

[正解:BC]

Windows NT Server 4.0上で完全な機能をもつIISのインストールにはTCP/IPおよびNTFSを備えたオペレーティング システムを最初に設定する必要がある。TCP/IPはデータの検索に必要なインターネット接続を提供する。NTFSでWindows NT Server上のファイルおよびフォルダーにアクセス権を制限することができる。NTFSなしでは一部のセキュリティ機能を利用できない。

○問題12

アクティブでない接続の切断によりウェブ サーバー パフォーマンスを改善したい。ウェブサイトへのアクティブでない接続を最小限にする、最良の方法は何か。

  1. デフォルトのTCPポートを変更する.
  2. ウェブサイト プロパティで接続タイムアウトの値を増やす
  3. ウェブサイト プロパティで接続タイムアウトの値を減らす

[正解:C]

接続タイムアウトプロパティ値はアクティブでない接続をすべて閉じる。値は秒単位で設定される。その値の時間使用されていなかった接続はすべて自動的に閉じられ、リソースを解放する。

○問題13

IISサーバーのパフォーマンスを改善するために以下のうちどれが最良の方法か。

  1. SSLを有効にする
  2. SSLを無効にする
  3. IISサーバーにSQLサーバーをインストールする
  4. IISサーバーにNetBEUIプロトコルを追加する

[正解:B]

SSLはデータを暗号化するためにプロセッサーを使用する。したがって、SSLを有効にすることはプロセッサーの性能に重要な影響を及ぼす。SSLを無効にすることは、IISサーバーのパフォーマンスを相当に改善する。しかしそれはセキュリティ リスクを増加させる。より多くのサービスあるいはプロトコルを加えることはそのパフォーマンスを下げて、IISサーバー上のロードを増加させる。

○問題14

IIS 4.0インストール プロセスでインストールされるのは以下のうちどのサービスか。

  1. GOPHER service
  2. FTP publishing service
  3. WWW publishing service
  4. Proxy Server service

[正解:BC]

IIS 4.0のインストール中にWWWおよびFTPパブリッシュ サービスはインストールされる。

IIS 4.0セット アップ中にインストールすることができる他のサービスは次のとおり。

Content Index (Index Server)
IIS Admin Service (Internet Service Manager snap-in)
NNTP Service
SMTP Service
MS Distributed Transaction Coordinator

GopherサービスはIIS 3.0に含まれていたが、IIS 4.0では利用可能ではない。Proxyサーバーはファイアウォールを作成するために使用されるマイクロソフトからの個別の製品である。

○問題15

IISウェブサーバーからのダウンロード時間を短縮するのは以下のどれか。

  1. SSLを有効にする
  2. HTTPキープ アライブを有効にする
  3. ディスク圧縮を有効にする
  4. IISコンピューターにFTPサービスを追加し、ダウンロード用にFTPサイトを作成する

[正解:B]

SSLはデータを暗号化するためにプロセッサーを使用する。したがって、SSLを有効にするとプロセッサーの性能に重要な影響を及ぼす。ディスク圧縮はプロセッサー上のロードを増加させる。より多くのサービスあるいはプロトコルを加えることはパフォーマンスを下げて、IISサーバー上のロードを増加させる。HTTPキープ アライブはクライアントがウェブサーバーに継続して接続する機能である。要求のたびに接続を確立する必要がなくなり、接続確立のためのオーバーヘッドが少なくなるので、ダウンロード時間が短くなる。