実務編5

実務編1
実務編2
実務編3
実務編4
実務編5

サイトマップ

 

 

Windows95/98の全ての内容を新しいハードディスク(HDD)に移す

ハードディスクの調子が悪かったり、容量が不足して来たりした場合など、以下の方法で古いハードディスクの内容を新しいハードディスクにそっくりそのまま移すことができる。なお以下の方法はWindows95/98でのみ可能である。その他のOSの場合、専用のソフトウェアを使うか、Windowsならびにアプリケーションを再インストールするしかない。

1)パソコンの電源を落とし、新HDDをセカンダリのIDEケーブルにつなげる。
(ふつうセカンダリのIDEケーブルにはCDドライブがつながっているが、それを一旦はずして新HDDにつなげるとよい。)

2)Windowsを起動し、起動用のFDを作成する。

3)新HDDにパーティションが作成されていない場合、[fdisk] を使ってパーティションを作成する。[スタート] から [ファイル名を指定して実行] に行き、[fdisk] と入力して実行する。最初にfdiskの操作対象を新HDDにするためにメニューで5番 [現在のハードディスクドライブを変更] を選んで、新しいHDDを選択する。パーティションを作成した後、Windowsを再起動する。

[fdisk] に関しては実務編1参照

4)新HDDのパーティション(通常Dドライブ)をフォーマットする。

5)旧HDDのファイルを新HDDに移す前に隠しファイルなど、すべてのファイルを表示させるため [マイコンピェータ] の [表示] メニューにある [フォルダオプション] で [すべてのファイルを表示する] という設定に変更する。

6)Dドライブ(新HDD) に [Windows] という名前のフォルダを作成する。

7)Cドライブ(旧HDD)のWindowsフォルダ内の [Win386.swp] を除くすべてのファイルをDドライブ(新HDD) に作成した [Windows]   フォルダ内にコピーする。
([Win386.swp] はWindowsがメモリーからのデータ退避に使う特殊なファイルで、このファイルをコピーしようとすると、エラーが出て、コピー作業が止まってしまう。)

8)Cドライブ(旧HDD)のWindowsフォルダ以外の全てのファイルおよびフォルダをDドライブにコピーする。

9)Windowsを終了してパソコンの電源を落とし、旧HDDを外し、新HDDをプライマリーのIDEケーブルに接続する。

10)起動用のFDでパソコンを起動し、[fdisk] コマンドを使い、新HDDを [アクティブ] に設定する。fdisk を終了しパソコンを再起動すれば、新HDDからWindowsの起動が始まる。