オートフィル

拡張書式機能
インデント
オートフォーマット
ページ設定
表
図形ツール
入力支援
文書保護
差し込み文書
均等割り付け etc.
検索と置換機能 etc.
変更履歴
参照
関数
オートフィル
オートフィルタ
見出し印刷
入力規制
セル内で改行
条件付き書式設定

サイトマップ

 

 

*Microsoft Excelのヘルプをもとに作成

セルを選択してフィル ハンドル(選択範囲の右下隅に表示される黒い四角形)をドラッグするとセルの内容をコピーできる。セルの内容は数式でもコピーされる。この機能をオートフィルと言う。コピーだけではなく、連続データの入力もできる。例えば月曜日と入力されているセルをオートフィルすると火曜日、水曜日...と入力される。

 

 

 

 

 

○オートフィル機能を使って自動入力できる連続データの種類

次の表は、初期値と作成される連続データの例である。

初期値

連続データ

9:00

10:00、11:00、12:00

火、水、木

月曜日

火曜日、水曜日、木曜日

1月

2月、3月、4月

1月、4月

7月、10月

1996年1月、1996年4月

1996年7月、1996年10月、1997年1月

1月15日、4月15日

7月15日、10月15日

1994、1995

1996、1997、1998

○特殊な連続値入力

オートフィルでは初期値の単なるコピーあるいは規定の連続データが自動的に入力されるが、それを特殊な連続値にすることができる。以下はその一例である。

1を初期値としてオートフィルを行うと1がコピーされ1のみの数列ができる。これを1、3、5、7、9...と2ずつ加算されていく数列にしたい場合、[編集]メニューの[フィル]をポイントし[連続データ-の作成]をクリックする。[連続データの作成]ダイアログボックスで、種類を加算、増分値を2にして[OK]をクリックすると、1、3、5、7、9...という数列になる。

4月1日を初期値としてオートフィルを行うと4月1日、4月2日、4月3日...という連続データになる。これを4月1日、5月1日、6月1日...という連続データにしたい場合、[連続データの作成]ダイアログボックスで、種類を日付、増単位を月にして[OK]をクリックすると、4月1日、5月1日、6月1日...という連続データになる。