見出し印刷

拡張書式機能
インデント
オートフォーマット
ページ設定
表
図形ツール
入力支援
文書保護
差し込み文書
均等割り付け etc.
検索と置換機能 etc.
変更履歴
参照
関数
オートフィル
オートフィルタ
見出し印刷
入力規制
セル内で改行
条件付き書式設定

サイトマップ

 

 

*Microsoft Excelのヘルプをもとに作成

◆ウィンドウの分割、固定

○ウィンドウの分割

垂直スクロールバーの上端と水平スクロールバーの右端にある「分割ボックス」をドラッグすると、Excelのシートが2つのスクロール領域に分割される。また[ウィンドウ] メニューの [分割] をクリックすると、Excelのシートが4つのスクロール領域に分割される。長いシートを見やすくできる。

*2つあるいは4つのスクロール領域に分割したウィンドウの分割を解除するには、ウィンドウ枠の分割バーの任意の位置をダブルクリックする。

○行または列単位でウィンドウ枠を固定

一画面に収まりきらない表の項目部分を固定すると、スクロールしても項目名は表示され続ける。

1)横方向の項目部分を固定するには、その行の下の行全体を選択する。縦方向の項目部分の左部を固定するには、その列の右の列全体を選択する。上部と左部の項目部分を両方とも固定するには、固定したい行の下で列の右のセルをクリックする。

2)[ウィンドウ] メニューの [ウィンドウ枠の固定] をクリックする。

*ウィンドウ枠の固定を解除するには、[ウィンドウ] メニューの [ウィンドウ枠固定の解除] をクリックする。

◆見出し印刷

一ページに収まりきらない表を印刷すると、2ページ目以降には項目部分が印刷されないので、どの列/行がどの項目なのか、わからない表になる。上記のウィンドウ枠を固定してもそのまま印刷すると項目部分は印刷されない。

見出し印刷を使用すると、簡単に全ページに項目部分をつけて印刷することができる。

[ファイル] メニューの [ページ設定] をクリックし、[シート] タブを開く。印刷タイトルの [行/列のタイトル] で、見出しにする行/列を選択して、[OK]をクリックする。