入力規制

拡張書式機能
インデント
オートフォーマット
ページ設定
表
図形ツール
入力支援
文書保護
差し込み文書
均等割り付け etc.
検索と置換機能 etc.
変更履歴
参照
関数
オートフィル
オートフィルタ
見出し印刷
入力規制
セル内で改行
条件付き書式設定

サイトマップ

 

 

*Microsoft Excelのヘルプをもとに作成

◆入力規制

セルに入力できる数値を限定したりするのが入力規制である。

1)入力規制を設定するセルを選択する。

2)[データ] メニューの [入力規制] をクリックする。

3)入力規制を設定する。

 

 

4)[エラーメッセージ] タブをクリックし、スタイルから [停止] を選択し、[OK] をクリックする。

*停止以外を選択すると、入力規制に当てはまらない値を入力することが可能となる。

 

 

◆ドロップダウンリスト

ドロップダウンリストはウェブの入力フォームなどでおなじみの▼ボタンをクリックすると選択肢が表示されるものである。

 

 

 

 

1)ドロップダウンリストを設定するセルを選択し、[データ] メニューの [入力規則] をクリックし、[設定] タブを開く。

2)[入力値の種類] を [リスト] にする。

3)[元の値] テキストボックスにリストに表示する項目を入力します。項目の区切りは [,] 半角カンマで区切る。Excelシートのデータをリストに使用する場合には、テキストボックス右のボタンをクリックしてリストに表示するデータのある列/行を選択する。

4)リストに設定した項目以外を入力する必要がない場合には [OK] をクリックする。そうでない場合には [エラーメッセージ] タブを開き、以下の設定をする。

●リストに設定した項目以外を普通に入力できるようにする

[不正なデータが入力されたらエラーメッセージを表示する] のチェックをはずし、[OK] ボタンをクリックする。

●リストに設定した項目以外を入力しようとすると メッセージを表示した上で入力するかしないか選択できるようにする

[不正なデータが入力されたらエラーメッセージを表示する] のチェックはそのままにしておく。

スタイルを [注意] あるいは [情報] に変更し、[OK] ボタンをクリックする。