セル内で改行

拡張書式機能
インデント
オートフォーマット
ページ設定
表
図形ツール
入力支援
文書保護
差し込み文書
均等割り付け etc.
検索と置換機能 etc.
変更履歴
参照
関数
オートフィル
オートフィルタ
見出し印刷
入力規制
セル内で改行
条件付き書式設定

サイトマップ

 

 

*Microsoft Excelのヘルプをもとに作成

◆セル内で改行

長い文字列をセル内で改行

○文字列をセル内で折り返す

[書式] メニューの [セル] をクリックし、[配置] タブを開き、[折り返して全体を表示する]にチェックを入れる。セルに収まらない文字列は、複数行に渡ってセル内に表示される。

 

○文字列を任意の位置で改行する

文字列の入力中に[Alt]+[Enter]キーを押すと、文字列を改行することができる。

◆シート・セルの保護

Excelには、セキュリティ機能として各シートやブック全体にアクセス制限をしたり、保護機能をつけたりすることが出来る。これによって不正な書き替えや、誤った操作(消去してしまうなど)を防ぐことが出来る。

[ツール] メニューの [保護] をポイントし、[シート保護] あるいは [ブック保護] を選択する。さらに、パスワードを設定することにより保護を強化することが出来る。

シートの保護を解除するには [ツール] メニューの [保護] をポイントし、[シート保護の解除] をクリックする。保護する要素に対してパスワードを設定した場合、保護を解除するにはそのパスワードを入力する必要がある。

 

保護したシートのセルの内容を変更することはできない。一部のセルのみ変更可能にするにはシートの保護をする前に以下を行う。

変更可能にするセルを選択して、[書式] メニューの [セル] をクリックし、[保護] タブを開き、ロックのチェックマークをはずし、[OK] をクリックする。