条件付き書式設定

拡張書式機能
インデント
オートフォーマット
ページ設定
表
図形ツール
入力支援
文書保護
差し込み文書
均等割り付け etc.
検索と置換機能 etc.
変更履歴
参照
関数
オートフィル
オートフィルタ
見出し印刷
入力規制
セル内で改行
条件付き書式設定

サイトマップ

 

 

*Microsoft Excelのヘルプをもとに作成

◆条件付き書式設定

指定した条件を満たすデータを強調表示したりするには、セルに条件付き書式を設定します。

1)書式を設定するセルを選択します。

2)[書式] メニューの [条件付き書式] をクリックします。

3)選択したセルの値を条件に設定するには、[セルの値が] をクリックし、比較語句を選択して、適切なボックスに値を入力します。定数または数式を入力することもできます。数式の先頭には等号 (=) を入力する必要があります。

選択したセル以外のデータまたは条件を使用するには、条件に数式を設定します。左のボックスの [数式が] をクリックし、右のボックスに数式を入力します。数式の値は、TRUE、FALSE のいずれかの論理値である必要があります。

4)[書式] をクリックします。

5)設定するフォント スタイル、フォントの色、下線、罫線、網かけ、またはパターンを選択します。

セルの値が条件を満たすか、または数式の値が TRUE である場合に限り、選択した書式がセルに適用されます。

6)他の条件を追加するには、[追加] をクリックし、手順 3 〜 5 を繰り返します。

条件は 3 つまで指定できます。

○書式設定した条件を指定する数式

選択したセルの値と、定数または数式の結果を比較できます。選択範囲以外のセルのデータを評価したり、複数の条件を調べたりする場合、論理式を使用して、書式が設定された条件を指定できます。

●[セルの値が] を指定して、選択したセルの値と数式の結果を比較する場合は、数式の先頭に等号 (=) を入力します。

●[数式が] を指定する場合は、指定する数式の値が TRUE (1) または FALSE (0) である必要があります。また、数式の先頭に等号 (=) を入力する必要があります。数式を使って評価できるのは作業中のシートのデータだけです。他のシートまたはブックのデータを評価するには、まず、他のシートまたはブックを参照する名前を作業中のシートに定義するか、または作業中のシートのセルに他のシートまたはブックへの参照を入力します。

◆コメント

○コメントの挿入

1)コメントを付けるセルをクリックします。

2)[挿入] メニューの [コメント] をクリックします。

3)表示されるコメント ボックスにコメントの内容を入力します。

4)内容を入力してコメント ボックスの外側をクリックします。

○コメントの編集、削除

1)編集するコメントの付いたセルを右クリックします。

2) [コメントの編集] / [コメントの削除] をクリックします。

○コメントの印刷

1)[ファイル] メニューの [ページ設定] をクリックし、[シート] タブをクリックします。

2)シートの末尾にコメントを印刷するには、[コメント] ボックスの [シートの末尾] をクリックします。