拡張書式機能

拡張書式機能
インデント
オートフォーマット
ページ設定
表
図形ツール
入力支援
文書保護
差し込み文書
均等割り付け etc.
検索と置換機能 etc.
変更履歴
参照
関数
オートフィル
オートフィルタ
見出し印刷
入力規制
セル内で改行
条件付き書式設定

サイトマップ

 

 

*Microsoft Wordのヘルプをもとに作成

以下の操作は [拡張書式設定] ツールバーを使って行うこともできる。[拡張書式設定] ツールバーを表示するには、[表示] メニューの [ツールバー] をポイントし、[拡張書式設定] をクリックする。

 

○文字に傍点を付ける

1)傍点を付ける文字列を選択する。

2)[書式] メニューの [フォント] をクリックし、[フォント] タブをクリックする。

3)[傍点] ボックスで、傍点の種類をクリックする。

*傍点を付けた文字に大きいフォント サイズを設定したり、固定された狭い行間を設定すると、傍点が正しく表示または印刷されないことがある。

○文字にふりがなを振る

1)ふりがなを振る文字列を選択する。

2)[書式] メニューの [ルビ] をクリックする。

3)[ルビ] ボックスに、選択した文字に振るルビを入力する。

4)必要に応じて [フォントの変更] をクリックし、[フォント] ボックスでフォントを、[サイズ] ボックスでフォント サイズを指定する。

*ふりがなを解除するにはふりがなが振られている文字列を選択し、[書式] メニューの [ルビ] をクリックし、[解除] をクリックします。

 

○段組み

通常文書(1段)

通常の文書は1行が文書の端から端まで使って記述される形式となっている。

段組み

段組みを設定することによって文書を2つ以上のかたまりとして、表示することができる。

1)文書全体に段組みを設定するには、[編集] メニューの [すべて選択] をクリックする。文書の一部に段組みを設定するには、段組みにする文書内容を選択する。

2)[書式] メニューの [段組み] をクリックし、種類のオプションを選択するか、段数を設定して「OK」をクリックする。