検索と置換機能 etc.

拡張書式機能
インデント
オートフォーマット
ページ設定
表
図形ツール
入力支援
文書保護
差し込み文書
均等割り付け etc.
検索と置換機能 etc.
変更履歴
参照
関数
オートフィル
オートフィルタ
見出し印刷
入力規制
セル内で改行
条件付き書式設定

サイトマップ

 

 

*Microsoft Wordのヘルプをもとに作成

◆検索機能と置換機能

検索機能と置換機能を使うと、ある単語や表現を文書全体にわたって検索し、別の単語や表現に置き換えることができる。すべての置き換えを一度に行うこともできるし、見つかった単語や表現を個々に確認しながら置き換えることもできる。

○文字列の置換

1)[編集] メニューの [置換] をクリックする。

2)[検索する文字列] ボックスに、検索する文字列を入力する。

3)[置換後の文字列] ボックスに、置換後の文字列を入力する。

4)[次を検索]、[置換]、または [すべて置換] をクリックする。

○書式の置換

1)[編集] メニューの [置換] をクリックする。

2)[書式] ボタンが表示されていない場合は、[オプション] をクリックする。

3)書式が設定された文字列を検索するには、[検索する文字列] ボックスに文字列を入力する。

書式のみを検索するには、[検索する文字列] ボックスに入力されている文字列を削除する。

4)[書式] をクリックし、検索する書式を選択する。

5)[置換後の文字列] ボックスで、手順 3 〜 4 を繰り返する。

6)[次を検索]、[置換]、または [すべて置換] をクリックする。

 

◆ドロップ キャップ機能

ドロップ キャップとは段落の先頭または段落の左側の余白に、先頭の文字列を大きく表示する機能である。

○ドロップ キャップの設定

1)ドロップ キャップを設定する段落をクリックする。

2)[書式] メニューの [ドロップ キャップ] をクリックする。

3)[本文内に表示] または [余白に表示] をクリックする。

4)必要に応じて、その他のオプションを選択する。

○ドロップ キャップの解除

1)ドロップ キャップが設定されている段落をクリックする。

2)[書式] メニューの [ドロップ キャップ] をクリックする。

3)[なし] をクリックする。

 

◆セクション

○セクション区切りの挿入

セクション区切りを挿入すると、文書は2つのセクションに分けられる。セクションの区切りは非印字の二重点線で示される。前後のセクションで段組など別の書式を設定できる。

1)セクション区切りを挿入する位置をクリックする。

2)[挿入] メニューの [改ページ] をクリックする。

3)[セクション区切り] で、必要なオプションをクリックする。

○セクション区切りの種類

[次のページから開始]:セクション区切りの位置で改ページされる。
[現在の位置から開始]:セクション区切りが挿入され、同じページから新しいセクションが開始される。
[奇数ページから開始] または [偶数ページから開始]:次の奇数ページまたは偶数ページから新しいセクションが開始される。

 

◆レイアウト枠

文字列、グラフィック、グラフなど文書の一部分を他の部分と区別するために追加する枠をレイアウト枠という。レイアウト枠を挿入すると、文字はレイアウト枠の周囲に移動する。レイアウト枠はページレイアウトモードにおいて、ドラッグによる位置の変更が可能である。移動後の文書の調整は自動的に行われる。

○レイアウト枠の挿入

1)[挿入] メニューの [レイアウト枠] をポイントし、[横書き] あるいは [縦書き] をクリックする。

2)挿入したい部分にレイアウト枠を描く。