インデント

拡張書式機能
インデント
オートフォーマット
ページ設定
表
図形ツール
入力支援
文書保護
差し込み文書
均等割り付け etc.
検索と置換機能 etc.
変更履歴
参照
関数
オートフィル
オートフィルタ
見出し印刷
入力規制
セル内で改行
条件付き書式設定

サイトマップ

 

 

*Microsoft Wordのヘルプをもとに作成

インデントは段落の左右の幅を任意に調整する機能である。段落の始めを下げたり、文書全体を一定の方向に寄せるときなどに使う。

○Tab キーを使って左インデントを設定する

1)[ツール] メニューの [オプション] をクリックし、[編集と日本語入力] タブをクリックする。

2)[[Tab] キーと [BackSpace] キーで左インデントを設定する] チェック ボックスがオンになっていることを確認する。

3)インデントを設定する段落の先頭にカーソルを移動させる。

4)Tab キーを押す。

メモ:インデントを解除するには、BackSpaceキーを押す。

○ルーラーを使って左右のインデントを設定する

1)左余白または右余白からインデントする段落を選択する。

2)ルーラーが表示されていない場合は、文書ウィンドウの上部をポイントするか、または、[表示] メニューの [ルーラー] をクリックして、ルーラーを表示する。

wpe8.jpg (33784 バイト)

3)段落の最初の行の左インデントを変更するには、1 行目のインデント マーカー (ルーラーの左にある5角形の頂点が向かい合っているものの上部にあるもの) をドラッグして、適当な場所に移動させる。

4)段落の 2 行目以降のインデントを変更するには、ぶら下げインデント マーカー(ルーラー左の下部の5角形)をドラッグし、適当な場所に移動させる。

5)すべての行の文字列の右側のインデントを変更するには、右インデント マーカー(ルーラー右の上向きの5角形)をドラッグし、適当な場所に移動させる。

メモ:[書式] メニューの [段落] を使うと、段落のインデントを正確な値で設定できる。

word2.gif (11271 バイト)