入力支援

拡張書式機能
インデント
オートフォーマット
ページ設定
表
図形ツール
入力支援
文書保護
差し込み文書
均等割り付け etc.
検索と置換機能 etc.
変更履歴
参照
関数
オートフィル
オートフィルタ
見出し印刷
入力規制
セル内で改行
条件付き書式設定

サイトマップ

 

 

*Microsoft Wordのヘルプをもとに作成

入力支援機能を使うと、よく使うテキストを選択して挿人できる。Wordで最初から提供されている一般的な単語やフレーズのほかに、会社の名前やロゴなど、自分自身でよく使うものを人力支援の項目に登録できる。

○入力支援の項目の登録

1)入力支援項目として登録する文字列またはグラフィックスを選択する。

2)[挿入] メニューの [入力支援] をポイントし、[新規作成] をクリックする。

wpe2.jpg (8581 バイト)3)入力支援項目の登録名の候補が表示されるので、その名前のままにするか、新しい名前を入力し、「OK」をクリックする。

 

 

○入力支援の項目の挿入

wpe3.jpg (35987 バイト) 1)入力支援項目を挿入する位置にカーソルを移動する。

2)[挿入] メニューの [入力支援] をポイントする。

3)入力支援項目の登録名をクリックする。

[登録名の先頭の数文字の入力で、自動入力支援のポップ ヒントを表示する] チェック ボックスがオンになっていると、文書内に入力支援項目の登録名の最初の何文字かを入力すると、入力支援項目がポップ ヒントに表示される。表示された入力支援項目を使用する場合は、Enter キーまたはF3 キーを押す。使用しない場合は、そのまま入力を続ける。