Windows NT編21

Windows NT編1
Windows NT編2
Windows NT編3
Windows NT編4
Windows NT編5
Windows NT編6
Windows NT編7
Windows NT編8
Windows NT編9
Windows NT編10
Windows NT編11
Windows NT編12
Windows NT編13
Windows NT編14
Windows NT編15
Windows NT編16
Windows NT編17
Windows NT編18
Windows NT編19
Windows NT編20
Windows NT編21
Windows NT編22
Windows NT編23
Windows NT編24

サイトマップ

 

 

第二十三章 ディレクトリー複製

23-1、ディレクトリー複製

Windows NT は他のコンピューターの任意のファイルのコピーを維持する複製処理機能を備えている。あるコンピューター上でファイルに加えられた変更結果はその変更結果を受け取るよう構成されている他のコンピュータに自動的に複製される。一般的にログオン スクリプトやシステムの原則ファイルなどをドメインのコンピューターに複製するために使われる。

23-2、エキスポート サーバー

エキスポート サーバーとして設定できるのはWindows NT Serverコンピューターだけである

エクスポート サーバーの準備

1)ディレクトリー レプリケーター サービスが使用するreplのようなユーザアカウントを作成する

パスワードなし

「ユーザーは次回ログオンでパスワードを変更しなければならない」チェック ボックスを取り除く

「パスワードの期限なし」オプションを選択する

ドメインのバックアップ オペレーターおよびレプリケーター グループに加える

2)コントロール パネル>サービス>サービス ダイアログ ボックス>セット アップ タイプで「自動」を選択>Log On As の「This Account」を選択>ユーザー アカウントを選択>パスワードを設定しない

サービス ダイアログ ボックス

サービス Server

Service Manager

3)複製されるべきディレクトリを[systemroot¥System32¥Repl¥export]フォルダに置く

ファイルが複製されるためには、そのファイルが[systemroot\System32\Repl\Export]ディレクトリの下のサブディレクトリにおかれる必要がある。ファイルが直接[systemroot\System32\Repl\Export]ディレクトリに置かれた場合、複製されない

4)サーバー マネージャーから、エキスポート サーバーを他のコンピューターまたはドメインにファイルをエキスポートするように設定する

23-3、インポート コンピューター

Windows NT Server、Windows NT WorkstationおよびMicrosoft LAN Manager OS/2サーバー コンピューターをインポート コンピューターとして設定できる

インポート コンピューターの準備

1)インポート コンピューターがエキスポート サーバーのドメインあるいは信頼するドメインに属していない場合、レプリケーター ユーザー アカウントを作成する

エキスポート サーバーで設定されたのと同じアカウント名にし、パスワードは設定しない

ローカルのレプリケーターおよびバックアップ オペレーター グループに加える

2)コントロール パネル>サービス>サービス ダイアログ ボックス>セット アップ タイプで「自動」を選択>Log On As の「This Account」を選択>ユーザー アカウントを選択>パスワードを設定しない

各インポート コンピュータは、エクスポート サーバーのエクスポート ディレクトリに対応するインポート ディレクトリを持つ。デフォルトでインポート ディレクトリは[systemroot\System32\Repl\Import]である。

3)サーバー マネージャーからインポート コンピューターをサーバーまたはドメインからファイルを受け取るように設定する