ハイテク立国

ユダヤ暦
安息日
コーシェル
ベーグルとピタ
イスラエルの気候
ダイヤモンド産業
学生の英語力
ハイテク立国
復活
イスラエル国防軍
多種多様性
年末年始
イスラエル郵便事情

サイトマップ

 

 

イスラエルは国土2万1千平方キロ(四国とほぼ同じ面積)人口約600万人と小さな国であるが、中東問題の中心地として世界の注目を集めている。戦争とテロで危険な国という負のイメージが先立つイスラエルであるが、様々なハイテク技術をもつハイテク立国という側面もある。家庭でのインターネット高速接続を実現する技術として注目されているADSLもイスラエルで最初に開発されたようである。

イスラエルでハイテク産業が盛んなのには様々な理由があり、一概には言えないが以下に数点をあげてみる。

イスラエルは、国内市場が限定されているので、輸出促進によってのみ経済成長が可能であり、競争力のある得意な分野に力点をおいた科学技術政策がとられてきた
イスラエル建国後度重なる周辺国家との戦争や国内のパレスチナ人との争いにより時間と資金と土地の必要な産業よりも、技術力がものをいう産業が好まれた
世界中からイスラエルに集まってきたユダヤ人の中には技術をもった者も数多くいた
ユダヤ人は2人集まると3つの政党ができるといわれるアイディアあふれる民族性をもつといわれる。同時に非常に短気である。ソフトウェア開発のようにアイディアのみで比較的短時間のうちに大きな利益を出せるもののほうがユダヤ人には向いているようである
ユダヤ人は伝統的に教育熱心である。国民の30%以上は13年以上の教育を受けており、労働力人口の17%以上は学位取得者であるようである。さらに労働人口1万人あたりの科学者および研究開発関係エンジニアの数が135人と世界でも群を抜いている。

ファイヤウォールで有名なCheckpoint社のFirewall-1という製品を使用しているが、Checkpoint社の世界本部はイスラエルにある。

英単語や英熟語をマウスのクリックで日本語はじめ世界の主要な言語に翻訳するソフトのBabylonもイスラエルのBabylon社の製品である。

将来イスラエルがハイテク立国として周辺国家を含めた世界によい製品と技術を輩出しすばらしい国となるように期待している。