モーセ

割礼
バベルの塔
ノアの裸の話
イスラエル民族の祖
タマル
モーセ
ユダヤ王国
イエス誕生前

サイトマップ

 

 

キリスト教はイエスキリスト、イスラム教はモハメット、仏教はお釈迦様が言わずと知れた各宗教の創始者である。それではユダヤ教の創始者は誰であるのか。ユダヤ教は徹底的な偶像拒否、唯一神信仰の宗教である。それゆえに神自身が創始者としていると言える。キリスト教はイエスキリストを神としているので、その意味ではキリスト教も神自身を創始者としているとも言える。

旧約聖書には多くの神の言葉を預かる預言者があらわれるが、その中でもエジプトの奴隷であったイスラエル民族を救出し、シナイ契約を神と結び、12部族を結集する律法を公布したモーセが最も有名であり、ユダヤ教の原点的存在となっている。その教えがモーセ五書である。またモーセはメシヤの原型、イエスの模擬者ととらえる者もいる。ただし現在のユダヤ教徒はイエスキリストを認めてはいないので、モーセがイエスキリストの模擬者であったというと反発を買うかもしれない。イエスキリストは人々の罪からの開放、モーセはユダヤ民族のエジプトからの開放と、どちらも神と対話をしつつ民を開放へと導く使命を果たした点で類似点を見出しているのであろう。

旧約聖書の創世記、出エジプト記、民数記、レビ記、申命記をモーセ五書といい、ユダヤ教では、律法の書(トーラー)として、最も基本的な正典とされている。それに続く、ヨシュア記、士師記などは、預言書や諸書として取り扱われている。

モーセ五書の中心は、シナイ契約−エジプトの奴隷からの解放の約束である。神様がモーセを仲保者として、イスラエルの民との間に結ばれた契約を「シナイ契約」と呼ぶ。この契約の前提として、神がアブラハムと結んだという以下の契約がある。以下の契約成就の条件として人間側の守るべき条項として「シナイ契約」が結ばれたのである。

「あなたが伏している地を、あなたとあなたの子孫とに与えよう。あなたの子孫は地のちりのように多くなって、西、東、北、南に広がり、地の緒族はあなたと子孫とによって祝福を受けるであろう。私はあなたと共にいて、あなたがどこに行くにもあなたを守り、あなたをこの地に連れ帰るであろう。」(創世記 28/13−15)

篤実なユダヤ教徒が現在のイスラエルの領土(占領地を含む)に固執するのは上記のような契約が一つの原因ではないだろうかと思う。

出エジプト(イスラエル民族のエジプト脱出)の話は非常に壮大な話である。そして現在でも出エジプトでの出来事を祝う祝日がある。

族長ヤコブの時代に、その子らはエジプトに移住するようになり、やがてエジプトの王朝の交替により、彼らの子孫はエジプトのファラオの奴隷として種々の建設事業の苦役に従事させられるようになる。それにもかかわらず、イスラエルは増大して、イスラエル民族を構成するようになった。王は、このままヘブライの民が増え続け、やがて支配しきれなくなることを恐れ「生まれてきた男の子はすべてナイル河に投げ捨てよ」との命を下した。そんな時、1人の美しい男の子が生まれた。母親はその赤子を殺すに忍びなく、一計を案じ、籠に入れてナイル河に流す。男の子を乗せた籠は、やがて、宮殿の水浴び場へ流れ着いた。それを、女王が拾い上げ、モーセと名づけて自分の子として育てる。

イスラエル民族の苦しみの叫びが天に届き、契約の神は彼らを顧みられて、モーセを遣わし、彼を用いてエジプトの奴隷状態から救出にあたる。これが出エジプト、エジプト脱出の歴史的事件である。

 

モーセ誕生

モーセ誕生時、エジプトの王パロは奴隷のユダヤの民が増え続け、やがて支配しきれなくなることを恐れ、生まれてきたユダヤの男の子は全て殺すようにとの命を下した。モーセの母親はその赤子を殺すに忍びなく、籠に入れてナイル河に流した。男の子を乗せた籠を、パロの娘が拾い上げ、モーセは命拾いをした。(出エジプト記一章)モーセはメシヤの原型、イエスの模擬者ととらえられることがあるが、イエスも誕生後、殺意を持っていたヘロデ王から逃れ命拾いをした(マタイによる福音書 2/13-21)という共通点を見出すことができる。

モーセはエジプト宮中で何不自由なく生活するが、やがて宮中での生活を捨て、ユダヤの民と共に神の約束の地であるカナン(現在のパレスチナ)へと旅立つようになる。その背後にはモーセの実の母による教育があったと考えられる。モーセの実の母はモーセの実の姉の機転で乳母としてパロの娘が拾い上げたモーセを成長するまで世話をしたのである。(出エジプト記2/7-10)偉人の背後に賢母ありである。そういうことからであろうか、ユダヤ人として既定される条件に母親がユダヤ人であることというのがあるそうである。モーセはある時、ユダヤの同胞がエジプト人から迫害されているのを見かねて、迫害を加えていたエジプト人を殺害してしまう。このような同胞愛は突然生じたものではなく、幼いときに実の母から植え付けられていたのであろう。

 

出エジプト

そのモーセをユダヤ人の祖のアブラハム・ヤコブ・イサクの神が召命し、エジプトの王パロにユダヤ人の奴隷の身分からの開放と約束の地カナンに旅立たせるように訴えさせた。しかし奴隷解放はそう簡単になされるものではない。パロは頑なにモーセの訴えを拒み続けた。その時に何が起こったというとエジプトに様々な災難がもたらされた。その一つの事件がユダヤ人の間で現在も祝われている過越の祭り(ペサハ)のルーツとなった。その事件とはある夜神がエジプトの全ての初子を撃ったために死亡したというものである。恐らく疫病がエジプト全土に襲いかかったのであろう。その時、モーセはユダヤ人たちにその害にあわないためにと、玄関口の二本の柱と鴨居に羊の血を塗らせ、その結果ユダヤ人には死者はでなかった。その事件が継起となり、ユダヤ人は開放され、カナンへと旅立つようになった。

エジプトからカナンへ至る道のりは非常に困難を伴うものであった。最初にエジプトの軍隊に追撃され、紅海の岸で絶体絶命の危機に遭遇した。そこで有名なモーセの杖の一撃により水が真っ二つに割れて、ユダヤ人たちはエジプトの追撃隊の手を免れて無事に紅海を渡りきったという話が出てくる。絶妙なタイミングで潮の満ち干きとうにより、渡ることができたのであろうか。紅海を渡った事件は後のキリスト教の洗礼へとつながっていくものであると言われることもある。とにかくこれをもって、ユダヤ人はもう後戻りをすることはできない状況となるのである。カナンへの旅路はまさに荒野の中の旅路であったようである。今年は9月25日から一週間仮庵の祭り(スコット)という祝日があるが、これは自分たちの祖先が出エジプト当時、荒野の中で仮庵をつくって過ごしたことを思い起こして祝う祝日である。ユダヤ人たちは庭先などに小屋を作ってその中で食事をしたりする。

 

シナイ山と十戒

エジプトからの脱出に果たしたモーセ一行は荒野の中を約束の地を目指していくことになる。その途中に出エジプトの中心舞台であるシナイ山がある。

シナイ山は現在のエジプト領のシナイ半島サンタカテリーナという場所にあり、標高2,288m。カイロから実に700キロ近い道のりを経た場所である。現在エジプトならびにイスラエルからバスでの観光ツアーで多くの観光客が訪れているようである。また頂上からの御来光を目当ての登山者も多いようである。

エジプトを出て約3ヶ月後のモーセ一行はシナイ山のふもとに到着する。そこでモーセは山に登るようにとの神からのお告げを受け、そこでが十戒を受け取ったとされている。この事件は、ユダヤ教の成立の上で重大なものであった。以下が旧約聖書の出エジプト記20章に記されている十戒の内容である。

前文:わたしはあなたの神、主であって、あなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出した者である。(出エ 20/2)
第一戒:あなたはわたしのほかに、なにものをも神としてはならない。(出エ 20/3)
第二戒:あなたは自分のために、刻んだ像を造ってはならない。・・・それにひれ伏してはならない。それに仕えてはならない。(出エ 20/4-5)
第三戒:あなたは、あなたの神、主の名をみだりに唱えてはならない。(出エ 20/7)
第四戒:安息日を覚えて、これを聖とせよ。六日のあいだ働いてあなたのすべてのわざをせよ。七日目はあなたの神、主の安息であるから、なんのわざをもしてはならない。・・・主は六日のうちに、天と地と海と、その中のすべてのものを造って、七日目に休まれたからである。(出エ 20/8-11)
第五戒:あなたの父と母を敬え。(出エ 20/12)
第六戒:あなたは殺してはならない。(出エ 20/13)
第七戒:あなたは姦淫してはならない。(出エ 20/14)
第八戒:あなたは盗んではならない。(出エ 20/15)
第九戒:あなたは隣人について、偽証してはならない。(出エ 20/16)
第十戒:あなたは隣人の家をむさぼってはならない。隣人の妻、しもべ、はしため、牛、ろば、またすべて隣人のものをむさぼってはならない。(出エ 20/17)

上記の十戒の中で、特に現在のユダヤ教にも大きな影響を及ぼしているのが、第一戒、第二戒、四戒である。ユダヤ教のシナゴーグは実に質素で、信仰の対象として崇める像のようなものは一切ないのは第一戒と第二戒の影響である。ユダヤの神のみを崇め、一切の偶像を崇めないのである。それがユダヤの神を中心とした強烈な自律意識を生み出し、ユダヤ人は頑固者であり、頭を下げるのが嫌いで、自己主張の強い付き合い難い民族だと言われる原因となっているのかもしれない。

実際イスラエルでは二人集まれば三つの政党ができると言われるぐらい自己を主張し様々な意見が飛び交うようである。筆者はある日本びいきのユダヤ人と会って話したとき、イスラエル人は自己を主張しすぎる。それに比べて常に全体を重んじる日本は実にいいと言っていた。

そして第四戒が安息日の規定である。イスラエルの公式の休日は日曜日ではなく安息日の土曜日である。

荒野をさ迷う中で、指導者モーセと民衆の間で結束を失うことが度々あったようである。シナイ山頂でモーセに十戒の石板が与えられていよいよ約束の地へ向かって進むかと思われたときもそうであった。民衆は第二戒を破ったのである。金で子牛の像を作り、これをを拝んだと記録されている。(出エジプト記 32/1-6) そしてこの後も何度も何度もイスラエルの民は神様に背き、合計40年の歳月をシナイの荒野で過ごすことになったようである。

そこで民衆の結束の中心として幕屋をつくることになる。この幕屋が後に神殿となり、メシヤ信仰と続いていくことになる。ユダヤ教の聖地である嘆きの壁は後に築かれ、崩壊した神殿のわずかに残った壁である。幕屋はちょうどの日本の御神輿のようなものと考えるとよいようである。ちなみに御神輿はイスラエルの伝統が日本にもたらされたものという説もある。御神輿が神社の縮小体であるように、幕屋は将来の神殿の縮小体としての意味があったようである。またそれは来たるべき救世主、メシヤの象徴としてイスラエルの民の結束のためにつくりだされたのであろう。

出エジプトの話は民衆の結束、ユダヤの神への信仰を保つことの難しさを見事に描き出しているように思われる。

(引用した資料)

聖書の舞台となった地・中東を旅する人のためのページ / キリスト者のための旅行案内

 

モーセの最期と後継者による悲願達成

エジプトを後にし、シナイ山でユダヤ教の基礎となる十戒を受け取ったモーセ一行はカナンの地をめざして、出発の準備を始める。荒野の中をカナンの地まで旅するにあたって、イスラエルの民衆の信仰を保つためにつくられたのが幕屋であった。モーセは幕屋建設の指示を事細かにヤーウエの神より受けとったとされる。後に建設されるイスラエルの神殿は、この幕屋を発展させたものである。幕屋には契約の箱が安置され、その中には十戒を刻んだ二枚の石板が入っていたそうである。幕屋は移動神殿であったわけである。移動神殿と共に、イスラエル共同体は旅する教会として、再び荒野に旅立ったのである。

「イスラエルのすべての家の者の前に、昼は幕屋の上に主の雲があり、夜は雲の中に火があった。彼らの旅路において常にそうであった。」(出エジプト40/38)という状況の中で、全て神と共に、幕屋即ち、神殿中心に行動することになった。

しかし荒野の中を徒歩で旅するのは並大抵のことではなく、イスラエルの民に幾度となくカナンへの旅をあきらめようとする事態が生じる。ヨルダン川東岸(現在のヨルダン領)を北上し、いよいよ約束の地ヨルダン川西岸を目指そうというとき、モーセは神の啓示で、自身はカナンの地に入ることが出来ないと告げられる。モーセは幕屋を中心に、カナンへ至ることに意欲を燃やす次の世代を励ましながら120才の生涯を終えることになる。

現在のヨルダン領にあるピスガの頂(ネボ山)からは死海の全景は勿論、ヨルダン川、イスラエル側の西岸世界最古の町エリコならびにエルサレムの町まで手のとるように眼下に見ることができる。モーセは、その頂から、約束の地カナンを眺めながら、その生涯を閉じることになる。(ネボ山は標高710メートルと小高い山になっているが、実際はヨルダン渓谷はマイナス400メートルであり、その落差が1100メートルに達する。)

モーセの意志を相続した若者たちは、幕屋を担ぎ、ヨルダン川を横切り、西岸へと進軍する。そして破竹の勢いで、その地域にいた諸王と戦い、勝利を収め、その地に定着基盤を築く。これは現代のイスラエルが周囲のイスラム諸国と戦い、勝利を収めイスラエルの国を建国し、その地位を不動のものにしていったことを彷彿させる。イスラエルの強さはこのような歴史的、信仰的根拠に由来しているのかもしれない。しかし現代版の方は中東の緊張を生み出したことには違いない。

(引用した資料)

旧約聖書とモーセ五書 - 幕屋と金の子牛