タマル

割礼
バベルの塔
ノアの裸の話
イスラエル民族の祖
タマル
モーセ
ユダヤ王国
イエス誕生前

サイトマップ

 

 

世界のベストセラーの新訳聖書を手にしてみたことはあっても、最初の名前の羅列を見て読む気をなくし読まずに置いてあるという方が多いのではないであろうか。それはアブラハムからイエスキリストに至る家系図である。その中に登場する人物はほとんどが男性であるが、4名程女性が登場している。タマルはその中の一人です。タマルはヤコブの12人の子供の一人ユダの義理の娘である。

旧約聖書の時代のイスラエル民族は性と血統を清く保つことを非常に重要視していたように考えられる。タマルのストーリーもそのことを示している。タマルはユダの長男エルの嫁として迎えられたが、エルはタマルとの間に子をもうける前に亡くなる。父ユダは長男の血統を残すために、次男のオナンにタマルとの間にエルの子として子をもうけるように命じる。しかしオナンはタマルとの間にもうける子が自分の子とならず、兄の子となるのが嫌でタマルと関係をもたず、精液を地にもらした。余談であるが、自慰行為をあらわすオナニという言葉はこのオナンからきたという説がある。オナンのその行為は神の前に悪いことであったのでオナンは死んでしまう。

子をもうけることができず二人の夫に先立たれたタマルはどうなるのであろうか。ユダには三男シラがいたが、ユダはシラをタマルに与えてシラまで死んでしまうことを憂慮した。そこでユダはタマルにシラがもう少し大きくなれば与えると約束だけして実家に帰した。ユダがシラを自分に与えるつもりがないことを知ったタマルがとった手段は非常に大胆なものであった。それは売春婦を装い義理の父であるユダと関係をもって子をもうけるというものであった。当事結婚以外の性関係を結んだ者は死刑に処されるという厳格なおきてがあった。そこでタマルはユダからユダの身分を示すしるしを受けとっておいた。後日タマルがみごもったのを風の便りに聞いたユダはタマルを淫行の罪で死刑に処するように命じる。買春を行った自分をたなにあげて死刑を命じるのは男性の身勝手さであるが、最後にユダはシラを与えると約束しながら与えなかった自分の非を認め、タマルが自分よりも正しいとした。

以上のようなストーリーは我々からすると理解し難いものであるが、神から選ばれた選民の血統を残すということには非常に大きな意味があり、当時の人々にとっては必死のことであったのであろう。