世界の宗教の結婚観

仏教
キリスト教
儒教
世界の宗教の結婚観
家庭に根差した教育
救済観
哲学
ヒンドゥ教
イスラム教
ジャイナ教
ユダヤ教
シャーマニズム
統一神学
共産主義
韓国人観
歴史観

サイトマップ

 

世界の宗教の結婚観
Google
 
Web 検索 サイト内検索

愛の定義

●主体が対象に授ける情的な力 
●分立された二性の対象実体が再び合性一体化せんとする力

愛における力とは何か?

愛における力とは主体と対象が互いに相手に与えようとする情的な力である。情的な力とは相手に温情を施して相手を喜ばせることによって、自身も喜ぼうとする心の力のことである。ゆえに肉体的だけではなく精神的にも大人になり、相手を思いやるという愛が心の中に宿るようになって夫婦となれば、性はお互いの愛を深め子孫を繁栄させるための祝福となる。しかし時期が来ていないのに、快楽という結果だけを求めると、それを得られないばかりか、苦痛と苦い後悔を味あわなければならなくなってしまう。人間の心は肉体の刺激によって得られる喜びよりも真善美愛といった精神的要素によって得られる喜びがずっと大きいものである。

男女の結合は単純な生物的結合ではなく、愛による人格的結合として、古来から多くの宗教では男女の結合を神聖視し、一定の宗教的儀式に従って結婚行事を行ってきた。

お薦めの書籍



キリスト教

「あなた方は悪魔から出てきた者である。」(ヨハネ8/44)
「家の者が、その人の敵となるであろう。」(マタイ10/36)
「私のように一人でおればそれがいちばん良い。」(コリント17/8)

上記のような聖書の記述を見ると、イエス キリストや使徒パウロが世俗的な結婚をよしとしていないことが分かる。またキリスト教には陽陰といった概念規定がないのでともすれば一切を善悪概念で説明しようとする傾向がある。より精神的なものが善で、より物質的なものが悪であるというようにとらえやすい。肉体や物質を神から遠く離れた汚れたものとみなされ、男女の性を意識した愛は愛の中でもランクが低いとみなされやすい。カトリックの神父や修道女は生涯独身を通さなければならず、結婚すると聖職を追われるのもその一例である。

一方でキリスト教の結婚儀式は、婚姻による男女の結びつきは神により合わせられたものとして行われる。

米国では1960年代に男女の愛と性をタブー視するピューリタン的道徳に挑戦するかたちでカウンターカルチャーとしての性革命が起こり、婚前交渉、婚外交渉が一般化し、同性愛も公然と自己主張を始めた。一部のキリスト教会では同性愛者の聖職者も現れるなどして、伝統的な道徳観念は変化しつつある。

ユダヤ教

ユダヤ教では、結婚を神聖なものとしている。結婚誓約式のことをヘブライ語でキドゥシン(Kiddushin)というが、神聖を意味するアラム語カドシュ(Kaddish)に由来する。

伝統的にユダヤ教の結婚式はケトゥバと呼ばれる結婚誓約書にサインすることから始まる。 サインの後新郎は新婦のもとに行き、新婦のベールをとって、本当の新婦かどうか確認する。これは旧約聖書のヤコブが本当に結婚したかったラケルを装ってベールで顔を隠してやって来たレアと一夜を共にして結婚しなければならなくなった話から来るものである。

結婚は聖なる契約であり、結婚の解消は神聖さを汚す行為と見なされる。妻の不義による離婚のような場合を除き、離婚する場合には、妻に対してかなり多くの補償金を支払わなければならない。

仏教

仏教は一切衆生は皆仏性を備えており、男女は互いに愛して、結婚し、夫の道理、妻の道理を尽くしながら家庭を形成することを教えている。しかし一方では異性に対する愛を渇愛や愛欲として、物欲と共に捨てなければならないと教えてきた。 

原始仏教では人間は全ての愛着と憎悪を断ち切ることによってはじめて、一切の束縛から解放され、永遠の平安、完全な平和を得ることができると考えた。原始仏教は人間の欲望に対して否定的であり、倫理の面では禁欲的な立場を貫いている。

真言密教では森羅万象をを金剛界と胎蔵界の二つに分け、男女両性に配している。理知の合一と男女の結合とを同一と見、交接を即身成仏の秘事とした。男女の性行為をも含め種々の外界の影を取り去るならば、欲望は清浄なものであると説いた。

儒教

男女は格位において差があるが、愛においては両者は平等であると教える。しかし実際の家庭生活において、権利は男だけに与えられており、女には従順と義務だけが要求されていることが多かった。

愛が冷え、夫婦関係が破綻しても、子供のために家庭の枠組みだけは守るという儒教型家庭は、欧米の夫婦中心の家庭(夫婦の愛が冷めると、子供におかまいなくさっさと離婚する)に比べると利点をもっていた。何故なら夫婦の仲が悪くても離婚しないほうが子供にとってはよいことが明らかになってきているからである。儒教型の子供中心の家庭生活を守ってきたのはもっぱら女性だった。儒教型の伝統的家庭では、女性は妻として夫に、母として子供に仕えてきた。しかしその女性達が一方的な忍耐と奉仕を拒絶するようになり、儒教の結婚と家庭の伝統は崩れつつある。

イスラム教

結婚を重視し、コーランには結婚に関する規定が詳細に書かれている。しかし一夫多妻性など問題を抱えている。

ヒンドゥ教

教理上では男女間の愛を法と財産と共に人生の三大目的の一つとしている。しかしカースト制によって異階級間の男女の結婚は許されていない。 

近代以後の女性解放運動

宗教が教理上では女性を重視しながらも、現実的には差別待遇が長い間継続してきたために、それに対する女性達の積もり積もった不満が表面化することによって現れた。多くの国で女性解放運動の要求が法律に反映されるようになった。しかし家庭崩壊等の別な問題が起きるようになった。 

世界平和家庭連合

男と女はそれぞれ陽と陰として、創造主の中では心情の力を中心として合性一体をなしていた。その陽性と陰性が創造と共に男性と女性に分立されたのであり、従って心情によって、一体をなしていた本来の姿に戻ろうとする衝動が生じるのである。

本然の世界では愛の秩序が厳格に守られるようになっている。家庭において祖父と祖母、父と母、息子とその嫁等、各代の夫婦の間にだけ異性の愛(すなわち性行為)が成立する。それ以外は父母の愛、子女の愛、兄弟姉妹の愛があるだけである。また不倫の愛も絶対にありえない。この家庭の愛の秩序を破壊したのがサタンである。サタンはアダムの配偶者となるはずのエバを被原理的な性的愛で誘惑して堕落させ、天道の秩序を破壊した。

全ての被造物は神の個性真理体であり、従って全てが神聖であり、そこに汚らわしいものは何もない。とりわけ人間は神の完全なる似姿であり、それ故に人間は被造物の中で最も高貴で神聖である。従って人体の構成部分はいかなるものでも高貴なものである。人体の器官の機能は神の創造目的を実現させる目的をもっている。その中でも性器官は次世代の生命を創造する器官であり、神が創造した最も神聖な器官である。

愛の完成を結び間違い、結婚を誤ったので、神を中心として正していくべきである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サードオニキス ペアブレス(8mm&10mm)

サードオニキス ペアブレス(8mm&10mm…

希望小売価格¥15,540→販売価格¥6,825

彼と彼女のペアアクセをお探しの方、ものすっごくイイものがありますよ。“二つが対になってこそ最高のパワーがに発揮…

商品詳細ページへカートページへ